安全性

ニュースなどで軽自動車がトラックなどと衝突事故を起こして、ぺしゃんこになっているのを見たことはないでしょうか。車の運転にはいつもついてまわる心配がこの事故です、自分が止まっていても相手がぶつかってきてしまってはどうしようもありません。普通自動車も一緒で国産車でよくぺしゃんこになっているのを見かけると思います、それは何故かというとボディーの作りが弱いのです。なぜ輸入車が強いのかというと、アメリカを例にあげると、住宅地から一般道路に出る際の走行速度差などが大きく、側面衝突事故による死者がとても多かった時期がありました、そのためアメリカでは側面衝突の安全性基準が厳しくされ、国産車に比べるとガッチリと安全に作られていることが多いのです。ヨーロッパなどでも同じように、正面衝突の事故がとても多く、衝突安全性を高めてきたためにこのような結果になっているのだと思います。特にドイツ車などはしっかり作られているのではないでしょうか、車で事故にあってしまえば生死に関わることです、運転が不安だったり、大切な人を守りたいからという理由でしっかりとした作りの輸入車を選ぶ方もたくさんいます。是非一度ドアを開閉するだけでも体験してみてはいかがでしょうか、扉の重厚な作りというのを感じることができると思います。